Shinanjo Dental Clinic Blog

2019年1月10日 木曜日

5つのSについて★












みなさん明けましておめでとうございます!
受付&管理栄養士の野々山です。

年末年始はどのように過ごされましたか?
私は友だちと忘年会をしたり、家族で蟹やすき焼きを食べたりと、美味しいものをいっぱい食べて過ごしました!
またお仕事も頑張っていきたいと思います。
今年もよろしくお願いいたします!(^^)/

さて、今回のテーマは『5つのS』についてです★
みなさん『5つのS』って聞いたことはありますか?
『5つのS』とは、健康の大敵なものの頭文字をとったものなのです!

〈5つのS〉
*SALT(塩)・・・塩分の過剰摂取は生活習慣病の引き金。意外に塩分の多い外食や加工食品は控えましょう。
*SUGAR(砂糖)・・・甘いものがやめられないと砂糖依存症かもしれません。意識して減らしていきましょう。
*SNACKS(間食)・・・おやつ=お菓子、とは限りません。食事でお腹を満たし、お菓子は控えましょう。
*SMOKING(喫煙)・・・自分のためにも、周りのためにも(受動喫煙)タバコはNG。お口の健康にも悪影響です。
*SITTING(座りっぱなし)・・・「生活不活発病」を防ぐために最も重要視されています。意識して立ちましょう。

半世紀以上前からアメリカで『ウエルネス活動』が行われています。
その活動の1つとして『5つのS追放』が行われています。
『ウエルネス(Wellness)』には、『健康・元気・爽快』の意味があります。
みなさんも『5つのS』を生活の中から追放して、ウエルネスな生活を送りましょう♪

以上、野々山でした。




記事URL

2018年12月20日 木曜日

歯 のつく言葉について★
















みなさんこんにちは!
いよいよ師走で寒くなってきましたね。
今の季節、忘年会やクリスマス会などイベントが盛りだくさんではないでしょうか?(^^)
食べすぎに注意して楽しみましょう☆

さて、今回のテーマは『歯 のつく言葉について』です★
普段使う言葉の中には『歯』のつく言葉が意外と多くあるんです。
みなさんご存知でしたか?
今日はその言葉を紹介します!

☆『歯が浮く』
⇒軽薄な言動に接して不愉快な気持ちになる
☆『歯をくいしばる』
⇒苦痛や怒り、無念さなど耐え忍ぶこと
☆『奥歯に剣』
⇒敵意を持ちながら、表には出さないこと
☆『歯の根も食い合う』
⇒非常に親しい間柄のこと
☆『歯切れ』
⇒言葉の発音や調子がはっきりしている度合い
☆『歯がゆい』
⇒思い通りにならなくて、いらだたしい、もどかしい
☆『歯が立たない』
⇒相手が強すぎてかなわない
☆『歯の抜けたよう』
⇒あるべきものが欠けてさびしいさま

みなさんの知っている言葉もたくさんあったのではないでしょうか?
歯はとても身近だと実感しますね!
これからも定期検診を受けて歯を健康に保ちましょう!
今年もありがとうございました!!

以上、野々山でした。

記事URL

2018年12月 3日 月曜日

むし歯の進行レベル。早い段階で対処しましょう!

こんにちは 新安城歯科 坂本です。
12月に入ると今年1年を振り返る事が多く、あっという間に年の瀬だなぁと毎年思います。
去年に比べて寒さが穏やかな気がしていますが、これから急に寒くなるのでしょうか。


さて、今回は当ブログでも何度かお伝えしている「むし歯の進行レベル」について再確認していきます。

むし歯の進行レベルご存知ですか?

むし歯は進行すると治療が大変になります。
大切な歯を失わないために予防をしっかり行いましょう。

C1(軽度)

【症状】
痛みは無いが歯に黒ずみや穴ができる。
【どんな治療をするの?】
経過観察または詰め物をします。
削る場合も最小限で済みます。

C2(中度)

【症状】
冷たいものなどがしみる。
【どんな治療をするの?】
詰め物や被せ物をします。
多くの場合、治療には麻酔が必要です。

C3(重度)

【症状】
歯にひどい痛みがある。
【どんな治療をするの?】
歯を大きく削ります。
神経をすべて取ってしまうケースもあります。
クラウンなどの被せ物をします。

C4(最重度)

【症状】
歯髄が死に、痛みはなくなる。
【どんな治療をするの?】
細菌に感染した根の清掃を行いますが、場合によっては抜歯が必要になります。

むし歯はC3近くにならないと痛みがないので見逃されがちです。
毎日お口の中をチェックする習慣や定期的な歯科検診を忘れずに!



治療した歯こそ大切に!

むし歯で削ったり歯周病に罹ったことがある歯は、再発のリスクが高いので注意が必要です。
予防を怠ると再発し、治療を繰り返して歯を失うことになりかねません。
将来後悔しないよう今からきちんと予防しましょう。

今回はここまで。
新安城歯科 坂本でした。

記事URL

2018年11月29日 木曜日

主食ごはんでフレイル予防★












みなさんこんにちは!
受付&管理栄養士の野々山です。

もうすぐ12月ですね!
クリスマスや冬休みや忘年会など、イベントが盛りだくさんの季節がやってきます♪
イベントを精一杯楽しめるよう、栄養のあるものを食べて過ごしましょう!

さて、今回のテーマは『主食ごはんでフレイル予防』です★
みなさん「フレイル」という言葉はご存知ですか?
フレイルとは、高齢によって筋力や心身の活力が低下した、いわゆる老化状態のことをいいます。
放置すると要介護につながる、いわば健康と病気の中間で、早期に改善すれば自立した生活に戻れます。

以下のような症状のある方は注意が必要です

*体重の減少(1年に4~5kg)
*疲労感(主観的なもの)
*活動量の低下(家から出なくなったなど)
*歩行速度の低下(青信号で渡りきれないなど)
*筋力低下(階段がつらいなど)

これまで高齢になるにつれて、活力や筋力が衰えていくのは仕方がないと考えられてきましたが、最近の研究で、食事の改善や積極的な運動などで老化を予防・改善できることがわかってきました!

フレイルの予防には、筋肉や内臓、骨、血液、肌、髪などの元になる「たんぱく質(アミノ酸)」が若年期以上に必要になります。
特に体内で合成できない「必須アミノ酸」の摂取が重要です。
たんぱく質は、お米、肉、魚、大豆、牛乳、卵などに多く含まれています。

また、主食については、手軽なパンや口当たりの良い麺類を主食にすることが増えていませんか?
小麦よりもお米のほうが、必須アミノ酸の含有率が高く、エネルギー源である炭水化物を多く含みます。
ごはんを主食にして、良質なたんぱく質を含む主菜、ビタミン・ミネラルを含む副菜を組み合わせ、よく噛んで食べることがフレイル予防へつながっていきます。

食事だけではなく、適度な運動も大切です。
座りっぱなしを避けて、ウォーキングやストレッチを心がけましょう!
もちろん、歯の健康を守るための定期的な歯科検診も忘れないでくださいね♪

以上、野々山でした。


記事URL

2018年11月 8日 木曜日

唾液の3つの役割について★














みなさんこんにちは!
受付&管理栄養士の野々山です。

あっという間にもう11月で、今年も残すところ2か月をきりました。
みなさんやり残したことはないですか?
やりきって、新たな1年を迎えたいですね♪(^^)/

さて、今回のテーマは『唾液の3つの役割について』です!
食べるとき、なくてはならないのが唾液です。唾液は噛むほどよく出ます。
今日は、唾液の3つの役割についてご説明します!

役割①入口の門番
食べものはすべてが安全なものではありません。
病気を引き起こす細菌や発がん性物質、過酸化脂質など含まれている場合があります。
唾液は、これらの有害なものを減らし、体内への侵入を防ぐ効果が期待できます。

役割②消化・吸収を助ける
唾液と食べものが混ざり合うと消化を助ける成分が働き、胃の消化・吸収を助けます。
また、唾液には美味しさを感じさせたり、食べ物を湿らせて飲込みやすくする働きもあります。

役割③ムシ歯予防
食後の口の中は、ムシ歯菌が活動しやすい酸性になります。
唾液は、口の中に残っている食べかすなどを洗い流し、酸性から食前の中性に戻す働きがあるため、ムシ歯予防に役立ちます。

唾液をたくさん出すために、水分で食べ物を流し込んだりせず、ゆっくりよく噛んで食べましょう!

以上、野々山でした♪


記事URL

大きな地図で見る
医療法人愛健会 新安城歯科

所在地〒446-0071愛知県安城市今池町3-6-1

最寄駅名鉄新安城駅

その他交通車(駐車場完備)

診療時間9:30~13:00、14:30~19:30

休診日水曜、日曜、祝日、
祝日のある週の水曜日は診療いたします。

お問い合わせ