Shinanjo Dental Clinic Blog

2019年10月10日 木曜日

料理の盛り付けについて★















みなさんこんにちは!
受付&管理栄養士の野々山です。

夏と比べ涼しくなってきて、様々なスポーツが盛んですね。
私は特にラグビーが大好きで、ラグビーワールドカップの観戦がいまの楽しみの一つです♪(^^)
仕事もプライベートも充実させながら、今後も頑張っていきたいと思います!

さて、今回のテーマは『料理の盛り付けについて』です★
みなさんは日常生活の中で、盛り付けについて気にされていますか?
そこまでかたく考える必要はないので、今日は簡単なポイントをご紹介します!

日本料理は、季節感や味はもちろん、目で楽しませる一面があります。
料理の種類によって、器の並べ方や料理の盛り付け方が決まっています。
盛り付けは、中心を決めてバランスを整え、器の余白を生かしながら、山と谷を作るように盛り合わせる『山水の法則』が基本です。
例えば、ご飯を盛った飯碗は向かって左、汁物などの汁碗は右に置きます。焼き魚などは皮側を奥にして、あしらい(大根おろしや大葉などの添え物)を右手前に置くと、よりバランス良く、美しく見えます。
また、料理の見た目を演出するには、彩りがとても重要です。
清潔感のある白、引き締め効果のある黒、食欲増進効果のある赤や黄色、安心感を与える青(緑)という、この『5色』を意識すると、彩りのバランスを考えやすいです!

ちょっとした工夫で食卓が華やかになるので、みなさんもぜひ試してみてください。
以上、野々山でした♪

記事URL

2019年9月19日 木曜日

秋の食事のポイントについて★















みなさんこんにちは!
受付&管理栄養士の野々山です。

最近は涼しくなってきて、とても過ごしやすい気候になりましたね!
秋は旬の美味しいものがいっぱいなので、とても楽しみです♪(^^)
また、明日からはラグビーワールドカップが開幕します!
スポーツの秋・食欲の秋を、ぜひ楽しみましょう!

さて、今回のテーマは『秋の食事のポイントについて』です★
「実りの秋」「食欲の秋」といわれるように、食を楽しみたい季節ですね。
今回はそんな秋の食事のポイントについてお話します。

秋は涼しくなって過ごしやすい季節ですが、夏の間にたまった疲れが目に見えて現れ始めるのが実は秋なのです。夏バテが長期化、深刻化することで、自律神経が乱れ、不調を起こしやすくなります。
夏の間に冷たいものを摂りすぎたり、冷房によってカラダが冷やされると、疲れやだるさ・肩こりや腰痛などが起こりやすくなります。また、季節の変わり目で風邪もひきやすく、精神的にも落ち込みやすいので、秋の食材でカラダを温めながら免疫力をアップし、ココロもカラダも元気を取り戻しましょう!

秋は実りの季節です。穀類・サツマイモ・ゴボウ・レンコン・カブ・栗など、秋に旬を迎える食材には、炭水化物を多く含むものが多いのが特徴です。根菜類は土の中でしっかりエネルギーを蓄えながら育つので、カラダを温める働きがあります。冷たいものの摂りすぎや冷房によって冷えたカラダには必要不可欠な食材です。温かい汁物や鍋にするとさらに効果的です。
また、イモ類にはビタミンやミネラルも豊富です。秋の味覚を美味しく味わいながら、健やかな食生活を送りましょう!

秋が旬の食材には、おなかの調子を整えるものが多いもの特徴です。根菜類やきのこる類には食物繊維がたっぷり含まれています。便秘の解消やコレステロールの排出を促すだけではなく、消化器系の働きを活発にしておなかの調子を整えてくれるので、夏の間の胃腸疲れを回復させるためにも、しっかり摂るようにしましょう。
また、きのこ類には免疫力をアップして。感染症にかかりにくくする働きがあります。風邪をひきにくいカラダをつくるためにも、ぜひ積極的に食べましょう!

以上、野々山でした♪

記事URL

2019年8月29日 木曜日

塩分を減らすコツについて★













みなさんこんにちは!
受付&管理栄養士の野々山です。

もうすぐ8月も終わってしまいますね・・・
あっという間に季節が変わっていきます(;^ω^)
秋は秋刀魚やきのこ類など、美味しい食べ物がたくさんあるので楽しみですね♪

さて、今回のテーマは『塩分を減らすコツについて』です★
みなさん日頃から塩分量には気を付けていますか?
いまはメニューに塩分量がかかれたりしていることも多いですよね!!
今回は塩分を減らすコツについてご紹介します♪

1、 塩分の摂りすぎに気を付ける
*食卓塩やしょうゆはテーブルに出さない
*煮物。佃煮、梅干しなどは少量を楽しみに食べる程度にする
*うどん、そばの汁はできるだけ飲まない
*炊き込みご飯や丼もの、お寿司など味が付いているものは回数を控える
2、調理の工夫で塩分カット
 *ゆずやレモンなどの柑橘類や酢を用いる
 *唐辛子や山椒、わさび、カレー粉などを用いる
 *昆布や鰹節などのだしを取りうま味成分を利用する
 *しょうゆやドレッシングはだしで割る
 *みそ汁や吸い物は具だくさんにする
 ※顆粒のだしには塩分が含まれているので注意
3、塩分を排泄する野菜や果物を摂る
 *カリウムの多い野菜や果物、きのこ類を積極的に摂る
 *納豆などの血液サラサラ食材を摂る(ワーファリン服用時は避ける)
4.外食時の注意
 *調味は薄味にし、焼き魚などの塩も控えて、レモン、柑橘類をうまく使う
 *すき焼きは水炊き・しゃぶしゃぶに、「タレ」は酸味を付けて薄味に

コツはこんな感じです!
みなさんも、日ごろの食生活でぜひ意識してみてください♪
以上、野々山でした。

記事URL

2019年8月 8日 木曜日

運動不足と運動量を増やすポイントについて★















みなさんこんにちは!
受付&管理栄養士の野々山です。

もうすぐお盆休みですね!
みなさんはどこか行かれますか?
私は家族でBBQをして楽しもうと思っています☆
みなさんも素敵な日々をお過ごしください♪(^^)/

さて、今回のテーマは『運動不足と運動量を増やすポイントについて』です★
みなさんは普段運動をされますか?
私は週に2回くらいジムに行って体を動かしています♪
まず、なぜ運動不足だといけないのかお伝えします。

運動不足により...
① 体の中でも消費エネルギーの大きい部位である「筋肉」が減っていく
⇒消費エネルギー(基礎代謝量)も減ってしまう
摂取カロリーが同じであっても、結果的に食べすぎと同じことに
② 骨がもろくなる⇒体が支えられなくなる
       ⇒ますます運動不足になる
神経細胞の活動に不可欠なカルシウムの体内貯蔵量も不足に
③ 運動することで分泌される、血管内壁を修復するホルモンが不足する
⇒血管の老化が早まる
⇒動脈硬化の促進へ
④ インスリンの効きが悪くなる
⇒その分たくさんのインスリンが分泌される・膵臓のβ細胞が疲弊
⇒Ⅱ型糖尿病へ
...これらの健康被害になる可能性があります。

では、運動量を増やすポイントについて紹介します♪
★安易に車を使わず、近くの距離ならできるだけ歩く
★座っている時間を10分減らす
★掃除、洗濯、階段の上り下り、買い物、荷物運びなどにも「運動」を意識する
★エレベーターやエスカレーターより階段を選ぶ
日常のちょっとしたことで運動量を増やすことができます!
みなさんもぜひ意識してみてください♪

以上、野々山でした。

記事URL

2019年7月18日 木曜日

質の良い睡眠のポイント★















みなさんこんにちは!
受付&管理栄養士の野々山です。

じめじめした梅雨が続いていますね...
みなさんは体調はいかがでしょうか?
梅雨明けが待ち遠しいですね♪(^^)/

さて、今回のテーマは『質の良い睡眠のポイント』です★
みなさんはしっかり睡眠はとれていますか?
睡眠は時間も大事ですが、質も大事なんです!
今回は質の良い睡眠をとるポイントをご紹介します♪

〈質の良い睡眠をとるポイント〉
*毎日同じ時間に起きる
*朝起きたら、光を浴びる(体内時計をリセットさせるため)
*入浴は寝る1時間前までに(42度以下のリラックスできる温度で)
*食事は2時間前までに
*カフェインは午後3時までに
*寝酒をしない
*就寝前にインターネットやメール、ゲームをしない
*就寝前にパソコンやゲーム機などのブルーライトを見ない
*喫煙を控える
*寝るときは部屋を暗くする(脳は就寝中も、閉じた瞼の奥の網膜から光を感知するために、メラトニンが分泌されず睡眠の質が落ちる)

みなさんもこれらのポイントを意識して、質の良い睡眠をとりましょう♪
以上、野々山でした。


記事URL

大きな地図で見る
医療法人愛健会 新安城歯科

所在地〒446-0071愛知県安城市今池町3-6-1

最寄駅名鉄新安城駅

その他交通車(駐車場完備)

診療時間9:30~13:00、14:30~19:30

休診日水曜、日曜、祝日、
祝日のある週の水曜日は診療いたします。

お問い合わせ